BUG新卒採用ページ
20年史
  1章 BUG草創期
  1-1 北海道マイコン研究会
  1-2 個人経営ソフトウェアハウスB.U.G.誕生
  1-3 東京での就職活動
  2章 BUG設立
  2-1 株式会社BUG設立
  2-2 主力製品
  2-3 大企業ソニー
  2-4 大日本印刷との出会い
  2-5 インドネシアと中国にて
  3章 新社屋建築
  3-1 MPS
  3-2 テクノパークに新社屋
  3-3 MPSからの産物
  4章 開発物語
  4-1 Macintoshのデベロッパーカンパニー
  4-2 B.U.G.に子会社誕生
  4-3 ハイビジョン映像機器
  4-4 データベース出版システム
  4-5 MN128開発物語
  4-6 波乗野郎開発物語

はじめに

ビー・ユー・ジー(以下、B.U.G.)の創立メンバーが足繁く通った「北海道マイコン研究会」の発足は、ちょうど、筆者が札幌で生まれた翌年のことであった。さて、札幌発のB.U.G.はどんな歴史を歩み、どんな未来を創っていくのか.....。

ちょっと楽しいB.U.G. 20年史のはじまりです。


第1章 B.U.G.草創期  1976年〜78年

1-1 北海道マイコン研究会

 B.U.G.の創生は、「北海道マイクロコンピュータ研究会」に深く関わる。
 「北海道マイクロコンピュータ研究会」(通称:マイコン研究会)とは、北海道大学工学部 青木教授がスタートさせたマイクロコンピュータの研究会である。時代は1975年にさかのぼる。

 当時、日本では、製造メーカーが30社を超えたといわれる電卓戦争の全盛期であった。一方で、コンピュータ業界における1つの大きな変革があったのもこの頃である。1974年、アメリカで、世界初のパーソナルコンピュータ「アルテア」が発売された。インテル社製のマイクロプロセッサー「8080」を使って組み立てるコンピュータキットである。この「アルテア」の登場が、パーソナルコンピュータ時代への幕開けとなったのであった。

回路図

 青木先生は、当時まだ北大の電子工学科4年目の学生だった山本先生の卒論のテーマにマイクロコンピュータを推薦した。山本先生は、早速、出たばかりのインテル社製8080のCPUを用いてコンピュータを組み立て、その自作コンピュータで、四則演算、FFT(高速フーリエ変換法)、ディスプレイなどのソフトウェアを次々と開発した。翌年の北大の大学祭では、このマイクロコンピュータで開発したCRTグラフィックディスプレイによるホッケーゲームを、学生のモギ店に置かせてもらって公開したが、ほとんど反響はなかった。ところが、これを傍らで見ていた青木先生は、マイクロコンピュータの持つ可能性に強くひかれ、もう自分のコンピュータを持てる時代が来たのだ、もう少したてば、一般の人も、研究者が電子回路を組み立てるように自分のコンピュータを組み立て、今のアマチュア無線のようにコンピュータ作りが趣味となって拡大していくだろう、と確信した。こうしてはいられない、自分でも勉強しなければ、と思い立った青木先生は、どうせ勉強するなら何か励みになるようにと、北海道でのマイクロコンピュータ講習会を開いて自らその講師をしてみることになった。

マイコン研究会

 1976年7月、第1回目の講習会が開かれた。これが「北海道マイクロコンピュータ研究会」(以下、マイコン研究会)のスタートである。1回目は、青木先生と大学院生になっていた山本先生の2人が講師となり、参加者も多くは青木先生の講義を受講していた学生(似鳥、阿部は参加していた)で、「......研究会」と呼べるほどの規模でもなかった。しかし、次第にマイコンについて興味を持つもの同士が集まるようになり、3回目にはB.U.G.の創始者である、服部、若生も参加するようになっていた。


さて、次回は、「1-2 個人経営ソフトウェアハウスB.U.G.誕生」です。当時の若者たちは何に熱中し、B.U.G.の始まりはどんなことがきっかけだったのか。どうぞお楽しみに。


次へ
Update.1999.03.12
Copyright 1996-2017 DMG MORI B.U.G. CO., LTD. All rights reserved.