BUG新卒採用ページ
20年史
  1章 BUG草創期
  1-1 北海道マイコン研究会
  1-2 個人経営ソフトウェアハウスB.U.G.誕生
  1-3 東京での就職活動
  2章 BUG設立
  2-1 株式会社BUG設立
  2-2 主力製品
  2-3 大企業ソニー
  2-4 大日本印刷との出会い
  2-5 インドネシアと中国にて
  3章 新社屋建築
  3-1 MPS
  3-2 テクノパークに新社屋
  3-3 MPSからの産物
  4章 開発物語
  4-1 Macintoshのデベロッパーカンパニー
  4-2 B.U.G.に子会社誕生
  4-3 ハイビジョン映像機器
  4-4 データベース出版システム
  4-5 MN128開発物語
  4-6 波乗野郎開発物語
番外編

こちらは、社史の番外編、補足編です。ちょっとした裏話や、登場人物の紹介をいたします。

登場人物紹介(所属・肩書きは1999年時点のものです)

登場人物
登場する主要人物のご紹介。
  • 青木先生・・北海道大学大学院工学研究科教授。マイコン研究会発足者。北海道の情報産業に多大な貢献を果たし続ける有名な先生。
  • 伊福部先生・・東京大学先端科学技術研究センター教授。B.U.G.設立当初の営業担当?
  • 山本先生・・北海道大学大型計算機センター教授。得意料理はトムヤムクン。
  • 似鳥・・創立メンバー4人の先輩にあたる。現B.U.G.常務取締役。設立当初から現在に至るまでB.U.G.の技術的なご意見番をつとめる。似鳥が知らないことは誰も知らない、と言われるほどの人物。
  • 阿部・・創立メンバー4人の先輩にあたる。現B.U.G.取締役、最高技術会議議長。日本人ばなれした独特の風貌で逸話は数知れず。
  • 服部・・B.U.G.創立メンバーの4人。現B.U.G.代表取締役。B.U.G.創立に奔走した中心的人物。
  • 若生・・B.U.G.創立メンバーの4人。現フィクス代表取締役社長。ブルース・リーのモノマネが得意?
  • 村田・・B.U.G.創立メンバーの4人。現ソフトフロント代表取締役社長。江別の神童といわれた逸材。
  • 木村・・B.U.G.創立メンバーの4人。現メディアグラム代表取締役。顔はこわいが、本当はやさしい。
本文へ戻る

1976年の北大大学祭 モギ店

応用電気研究所

 実は、山本先生のゲームが展示されていたモギ店とは、阿部、似鳥ら、電子工学科の同期が一獲千金を目論み、応用電気研究所(現電子科学研究所)横の芝生にオープンした店。しかし、当日が悪天候のため、早々に閉店となる。しかたなく、阿部の実家より取り寄せた野菜を通行人に押し売りした。

本文へ戻る

音声認識装置 TV出演多数!

音声認識装置

 音声認識装置とは、その名の通り、取り付けられたマイクに向かって「一音一音区切ってゆっくり」話すとその音を認識し、モニターにローマ字で表示するという画期的なマシンである(結構間違える。認識率をあげるには話す人の慣れも必要!)。最初は、1文字ずつの認識であったが、後に単語で区切った音声の認識をするバージョンも開発した。この音声認識装置は、音声タイプライターとして、当時(1977〜1982)、数々のテレビ番組で取り上げられ、創立当初のB.U.G.の主力製品、また標準プラットフォームともなっていく。

伊福部先生
伊福部先生と宮崎みどりアナ
出演番組例
  • NHK「未来を開く」
  • HTB土曜ワイド「夢の機械」
  • HBC「テレポート6」
  • NHK「ウルトラアイ」
本文へ戻る

東京ツアー

東京

川崎にある某大手メーカーに見学に行った。集合時間が川崎駅T口に午前9時。ちょうど、ラッシュの時間帯であった。集合時間が11時だったらB.U.G.はなかったかもしれない。

本文へ戻る

クロメンコのキット

キットに入っているIC(TTL)は東南アジア、中米で製造されたものが多く、不良品率が非常に高かった。基板1枚について不良品が1個程度の割合で混じっており、完成させるのに大変苦労した。ICソケットが使用されている理由も、完成品が高い理由も後で納得することになる。

本文へ戻る

メモリ基板卸値の真相はいかに!?

伊福部先生「3万円で組み立てないかな?」
服部「そんなにいらないです。1万5千円で充分です。」
その後、どのような経過をたどったのか。
若生に直接支払われたのか、それともマージンがB.U.G.設立の資金となったのか?
真相はいかに?
ただ、そもそもこのようなやりとりがあったことすら、当の本人たちは全然覚えていないというから、この信頼感?がB.U.G.を成り立たせているのかもしれない....。

本文へ戻る

学生はどこに行った・・

突如伊福部先生の研究室から学生が消えてしまった。戻ってきたのは、週に1度のゼミのときだけ(※服部を除く)。発注会社の現場監督は、学生の心理をつかむのに長けた人であった。あの過酷な労働環境においていかに学生に仕事を続けさせるのかというと、おいしいご飯と、高級車ボルボでの送迎、そして何より日払いにして現金をちらつかせること。これで最後までがんばれたのがB.U.G.だった??
ともかくこの仕事が終わり、学生は普段通り研究室に戻ってきたが、服部はこれをきっかけに大学へは来なくなっていった。来たのはマージャン大会、クリスマスパーティだけ?のようである。

本文へ戻る

Update.1999.06.10
Copyright 1996-2017 DMG MORI B.U.G. CO., LTD. All rights reserved.