BUG新卒採用ページ
20年史
  1章 BUG草創期
  1-1 北海道マイコン研究会
  1-2 個人経営ソフトウェアハウスB.U.G.誕生
  1-3 東京での就職活動
  2章 BUG設立
  2-1 株式会社BUG設立
  2-2 主力製品
  2-3 大企業ソニー
  2-4 大日本印刷との出会い
  2-5 インドネシアと中国にて
  3章 新社屋建築
  3-1 MPS
  3-2 テクノパークに新社屋
  3-3 MPSからの産物
  4章 開発物語
  4-1 Macintoshのデベロッパーカンパニー
  4-2 B.U.G.に子会社誕生
  4-3 ハイビジョン映像機器
  4-4 データベース出版システム
  4-5 MN128開発物語
  4-6 波乗野郎開発物語

番外編

こちらは、社史の番外編、補足編です。ちょっとした裏話や、登場人物の紹介をいたします。

登場人物紹介(所属・肩書きは1999年時点のものです)

登場人物
登場する主要人物のご紹介。
  • 青木先生・・北海道大学大学院工学研究科教授。マイコン研究会発足者。北海道の情報産業に多大な貢献を果たし続ける有名な先生。
  • 伊福部先生・・東京大学先端科学技術研究センター教授。B.U.G.設立当初の営業担当?
  • 山本先生・・北海道大学大型計算機センター教授。得意料理はトムヤムクン。
  • 似鳥・・創立メンバー4人の先輩にあたる。現B.U.G.常務取締役。設立当初から現在に至るまでB.U.G.の技術的なご意見番をつとめる。似鳥が知らないことは誰も知らない、と言われるほどの人物。
  • 阿部・・創立メンバー4人の先輩にあたる。現B.U.G.取締役、最高技術会議議長。日本人ばなれした独特の風貌で逸話は数知れず。
  • 服部・・B.U.G.創立メンバーの4人。現B.U.G.代表取締役。B.U.G.創立に奔走した中心的人物。
  • 若生・・B.U.G.創立メンバーの4人。現フィクス代表取締役社長。ブルース・リーのモノマネが得意?
  • 村田・・B.U.G.創立メンバーの4人。現ソフトフロント代表取締役社長。江別の神童といわれた逸材。
  • 木村・・B.U.G.創立メンバーの4人。現メディアグラム代表取締役。顔はこわいが、本当はやさしい。
本文へ戻る

卒論は出せた?

果たして学校にほとんど行っていなかった服部は、卒論を出せたのだろうか。伊福部先生の研究室には、学生の卒業論文、学会発表論文などがすべて保管されているのだが、服部の卒論は、なかった。さらに修論は、筆跡鑑定には出せないだろう。

本文へ戻る

ガソリンスタンド用会計管理プログラム

納品して以来、何度も「システムがおかしい」「会計処理が間違っている」といわれ、納品先のガソリンスタンドにその都度出かけてはデバッグしたのだが、プログラムはどう考えても正しく、どこがおかしいのか分からなかった。ところがその後、実はそこのガソリンスタンドの従業員がお金を使い込んで不正を行っていたことが発覚した。

本文へ戻る

BUG Staff

Staff
Staff
フロッピー

実は、Staffの開発にあたっては、似鳥が中心となってクロメンコのソフトを読んでハードを設計するという逆の手順を踏んでいる。なので、Staffは、クロメンコが動くハードウェアとコンパチのオリジナルシステムである。もう時効!?
なお、Staffは現在も伊福部先生の研究室の片隅に埋っている。

本文へ戻る

電気暖房制御システム

札幌市内の小学校で使われていたのだが、納品してから5年後ぐらいに、突然学校の先生から電話がかかってきた。もうすでにメンテナンス期間も過ぎてはいたが、「子供が凍えているのですぐに来て欲しい」という言葉に無料で修理してあげてしまった。

本文へ戻る

就職先リスト

会社を設立したわけなので、当然「株式会社ビー・ユー・ジー」が彼らの就職先となる。ところが大正生まれの教授に「6年間も国のお金を使って、会社に就職せんとは何事だ」と怒られてしまい、就職先リストに4人の名前は書かれていない。
家族や周囲の人からはそれほど反対にはあわなかったようだ。

本文へ戻る

北山ビルの怪

北山ビル
北山ビルエントランス
今は喫茶店はない
北山ビルを出る前の3年ぐらいの間、B.U.G.には事件が集中している・・恐るべし。

壁落下事件(1985年夏ころ)
となりのビルの4、5階から、10キロはあろうと思われるモルタルの壁が突然落ちた。駐車場にあった社員の車は無事だったが、隣の車はべこべこになっていた。
電気工事ミス事件(1985年秋ころ)
MPSの量産のために、増電工事を頼んだところ、常時通電型のコンピュータ(AppleのLisaやROM Writeなど)がすべて壊れてしまった。白熱ライトのスイッチを入れるとストロボのように光を放って消え、今度は蛍光灯のスイッチを入れると、また激しく光って消えた。どの電化製品もスイッチを入れると壊れる始末だ。机の上の電動消しゴム(通称:電動こけし)のプラスチックも溶けてふにゃふにゃになった。一体何が起こったんだ、とパニックになったが、実は、工事のおじさんが誤って100Vのところを200Vの電流を流してしまったことが判明。おじさんは賠償するはめになった。
盗難事件(1987年5月ころ)
ある日、会社に来ると鍵が開いており社内がちらかっていた。紛失物を調べたところ、臼井の買ったばかりの新しいサンダル以外は何もとられていなかった。その後日、盗難とは反対に「置き〇〇事件」というのも起っている。恐るべし、臼井のサンダル。
発砲事件(1987年から1988年)
ススキノに近いということもあり、年に1度以上は近所で発砲事件があり、機動隊が警戒体制を敷いていた。
灯油漏れ事件(1987年6月ころ)
B.U.G.は、このときビルの3〜5階を借りていた。ある日、ドラム缶約1本分の灯油が4階まで汲み上がり、床一面に溢れ出た。3階では天井から灯油がポタポタとしたたり落ちて、またもコンピュータはめちゃくちゃに!保険はかけていたのだが、水の保険だったので、灯油には適用されなかった。自然乾燥を待つしかなく、6月でもまだ寒い北海道、窓を開け放しての仕事となった。
(4階にいた似鳥が椅子を灯油のゴムホースにひっかけて切ったという説もある)
ウェイトレス殺人事件(1987年7月ころ)
とうとう殺人事件まで起きてしまった。ふと新聞を見ると、聞いた年齢とは違うが見覚えのある顔が。ビルの1階の「ピュール」という喫茶店で働いていた、自称23才のウェイトレスが犠牲になった。
下水漏れ事件(1988年7月ころ)
夜9時半ごろ、バトミントンを終えて会社に戻ると、地下の倉庫が下水で水浸しになっていた。下水にまみれた製品や梱包箱などを下水につかりながら、運び去らなければならなかった。

本文へ戻る

SONY「SMC-70」

SMC-70は、1982年11月に発表されたソニー初の8ビットパソコンで、カラーモニタ、ビデオ機器との連動機能、OS(CP/M)が標準で搭載されていた当時としては画期的なマシンである。また、ソニーが開発し、コンピュータ用の記録メディアの国際規格ともなったMICRO FLOPPY DISK(3.5インチFD)が採用された初のパソコンでもある。その後、後継機種としてFD装置を標準搭載したSMC-777を発売し、このOSには、CP/MコンパチのB.U.G.が開発したビジュアルOSが採用された。

本文へ戻る

ソニーの福田氏を接待


ある日、福田氏が、開発が順調に進んでいるかどうか札幌に視察に来ることがあった。B.U.G.は、大企業ソニーの課長さんがわざわざ札幌に来るというのだから、接待しなければならないだろう、と考えた。札幌では、その当時、ファミリーレストランブームが起こっており、B.U.G.は、中でも一番ナウいと思われるロイヤルホストに福田氏を連れていったのである。ファミリーレストランでの大歓迎を受けた福田氏は、この若者たちの接待を大変ほほえましく思ったに違いない。

本文へ戻る

BUGが米進出

BUGが米進出
本道のマイコンメーカー BUGが米進出
ソニー製品の周辺装置独自開発、販売へ
昭和57年8月9日。こんな見出しが新聞に掲載された。

「ソニー(本社・東京 岩間和夫社長)は九月から、ビデオ機器との連動機能を持たせたマイクロコンピュータ『SMC-70』(容量八、十六ビット)を米国市場から先行発売する予定だが、本道のマイコンメーカーの『BUG(ビー・ユー・ジー)』(本社・札幌 資本金五百万円、服部裕之社長)は八日、同マイコンの周辺装置の開発と独自の販売ルートによる米国市場での販売を行うことを明らかにした。....<省>...月産販売台数は五十台で、月商五百万円の売り上げを見込んでいる。...<省>....同社ではこれら周辺装置を自社ブランドとして開発する考えで、米国ソニー系列のディーラーを販売ルートにする予定。ゆくゆくは、『SMC-70』も国内販売される見通しで、同社もこれに追随、国内での量産化に期待している。」

ソニーさんが米国で売るんだったら、うちも売れればいいな〜という話が、「B.U.G.米進出!」になってしまった。社内もびっくり。

ペリフェラルシリーズ
ペリフェラルシリーズ
カタログ
カタログ
本文へ戻る

ひまわり気象画像処理装置のその後

いじらないと約束したにもかかわらずエンジニア魂がそれを許さなかった若生は、みなからは責められることとなってしまったが、その後、ひまわり気象画像処理装置の方はというと、回路変更をして静止するようになった。しかし、NHKから山のような仕様追加が来て若生は体をこわし、さらに1年間続いた大日本印刷のシステム開発で納品とともについに入院してしまう。ところが、入院部屋にも電話がついており、大日本印刷の担当課長からの電話がやむことはなかった。

本文へ戻る

血だらけの箱

Staff68Kシステム
ベースとなったStaff68Kシステム
このシステムのスキャナとフィルム出力のインタフェイスはほとんど手配線で、とてもメンテナンスのしにくい機械だった。中を開けると小さな基板が20枚ほど差し込まれていて、細いケーブルが複雑に入り組んでいる。例えば、修理のために1枚基板を抜いたりすると、再び入れるのに、あちこちに指先をひっかけて箱の中が血だらけになってしまい、1時間はかかってしまうというものだった。こんなものを作ってしまった似鳥は、2度と同じ依頼が来ないことを願っていたのであったが、祈りは通じなかった。手配線で同じものを2つ作るほど辛いものはなく、2度目の依頼が来たときには、量産向けに作り直すことにした。

本文へ戻る

ブルネイへのお土産

パナサテック社は、ブルネイにマイコンビジネスの商談をもちかけたことがあり、そのデモンストレーションにB.U.G.も行くことになった。そこで、商談を成功させるためにも、ブルネイに行く際のお土産に悩んだ。何が喜ばれるだろうと散々考えた上、お金持ちの国なので普通に買えるものは何でも手に入るだろうから、なかなか手に入らないものがいいだろうと、当時の名作として今も語りつがれるアダルトビデオを3本立てで持って行くことになったのである。当時は今あるようなアダルトビデオの通販はなく、電話をしてどこかで待ち合わせをし、手渡しされるという仕組で販売されていた。

本文へ戻る

恐怖のタンタルコンデンサの逆挿し

これはタンタルコンデンサの逆挿しと呼ばれ、似鳥にとっては3度目の経験であった。一度目は大学院の時に、B.U.G.から納品された基板から火が吹き、すべての基板を巻き添えにした。二度目は元木が採用試験後、社内を見学しているときに、B.U.G.製品の1つとして紹介されたSMC-70用ペリフェラルの基板を手に取ったときに突如火を吹き、仰天したというもの(入社したのだが)。どちらも、ものすごい黒煙が吹き出して配線をショートさせ、かなりの個数のICが犠牲になっている。この経験から今回もタンタルコンデンサの逆挿しであること、そして、他の基板にも相当な被害がおよぶことを直感した。何せここは中国、直すまでは日本に帰れないと思い、目の前が真っ暗になった。

本文へ戻る

中国にて

中国
1985年、当時の中国で彼らが見たものとは?

花形職業スチュワーデス
当時、飛行機は指定席ではなく、早いもの勝ちであった。出発前、乗客は搭乗ゲート前に押し寄せ、開くと同時にダッシュして窓側の席など好きな席を取るのであった。そして当時の中国のスチュワーデスはまさに花形職業であった。ファッションモデルのような出で立ちでポーズを決め、まずは、エアコンのない蒸し暑い機内に扇子を配った。続いて、軽食、お土産を配り、到着アナウンス後には乗客から拍手喝采をあびるのであった。
北京の地下鉄
北京ではできたばかりの地下鉄が走っており、ホームではみなが地下鉄の来る方向を覗き込んでいた。そして、地下鉄が到着すると、まるでアメフトの試合のように乗る人と降りる人がぶつかり合い、力で勝った人がその駅で乗り降りできるのであった。
暴走自転車
交差点には信号のないところもあった。交差点を横切るのはこれまた早いもの勝ちで、歩行者であろうと自転車であろうと自動車であろうとあまり関係がない。時速60Kmの自動車の前を、一瞬の隙を見て渡る自転車を何度も目撃した。
大衆食堂
地元の人が行くような食堂に行ってみようと、ガイドブックには有名であると書かれていた食堂に行ってみた。ところが、電球が半分ぐらいしかついていない店で、本当にここかと怪しみながら入ってみると妙に足元がぬかるんでいる。中国では食べ殻などを床に捨てる習慣があったようで、薄暗い中、足元に見たものは、床一面の油まみれの食べ殻であった。しかし、そこの中華料理は信じられない程安く、しかもなかなかおいしかった。
北京のスコール
北京では、真夏のこの時期、毎晩決まった時間にものすごいスコールが20〜30分続いた。スコールの後は決まって足首までつかるような川となった。しかし、その川のおかげで、道路の食べ殻やゴミ、タンなどはすべて流れ、町の浄化に一役買っていたようだ。

本文へ戻る

アレックスとB.U.G. All Stars

B.U.G. All Stars
B.U.G. All Starsジャケット写真
アレックスは、バイエルン州から来た留学生で北大の低温研究所に在籍していた。B.U.G.でアルバイトをして、卒業後、そのまま入社した。このホビー用ソフトのパッケージ詰めをしていたところ、フロッピーが1枚余り、社員総出でもう一度開けてパッケージし直すという大変なエピソードもあった。
アレックスは、日本語もなかなか達者で「遅まきながら春巻食べます」などの小ジャレも習得していたようである。アレックスがドイツへ戻る際に、記念として、当時のB.U.G.社員でレコードアルバムを作成した。これが、有名なB.U.G. All Starsである。曲目は以下のとおり。
  • WHY DO FOOLS FALLING LOVE?
    • Lead Vocal:T.sato
    • High: M.Motoki, M.Takahashi, M.Tenma, F.Kimura, M.Hattori, A.Matsui, M.Nishino, A.Maeda, Y.Nitadori
    • Low: U.Hara, H.Matsui, T.Hashimoto, Y.Abe, Alexander Burger
    • Bass: T.Murata, M.Kurata, Y.Yazumi, S.Miura
    • Hand Clapping: BUG HAND CLAPPING CLUB
  • CALIFORNIA DREAMING
    • Vocal: Alexander Burger
    • Back Chorus: M.Saito, H.Takasugi, T.Sato, M.Kawakami
    • Guitars: M.Kimura, H.Hattori
    • Bass Guitar: M.Kawakami
    • Trombone: S.Miura
    • Keyboards: S.Minobe
    • Drums: K.Yuge
B.U.G. All Stars B.U.G. All Stars B.U.G. All Stars
B.U.G. All Stars B.U.G. All Stars B.U.G. All Stars

本文へ戻る


Update.1999.11.30
Copyright 1996-2017 DMG MORI B.U.G. CO., LTD. All rights reserved.