BUG新卒採用ページ
20年史
  1章 BUG草創期
  1-1 北海道マイコン研究会
  1-2 個人経営ソフトウェアハウスB.U.G.誕生
  1-3 東京での就職活動
  2章 BUG設立
  2-1 株式会社BUG設立
  2-2 主力製品
  2-3 大企業ソニー
  2-4 大日本印刷との出会い
  2-5 インドネシアと中国にて
  3章 新社屋建築
  3-1 MPS
  3-2 テクノパークに新社屋
  3-3 MPSからの産物
  4章 開発物語
  4-1 Macintoshのデベロッパーカンパニー
  4-2 B.U.G.に子会社誕生
  4-3 ハイビジョン映像機器
  4-4 データベース出版システム
  4-5 MN128開発物語
  4-6 波乗野郎開発物語


こちらは、社史の番外編、補足編です。ちょっとした裏話や、登場人物の紹介をいたします。

登場人物紹介(所属・肩書きは1999年時点のものです)

登場する主要人物のご紹介。
  • 青木先生・・北海道大学大学院工学研究科教授。マイコン研究会発足者。北海道の情報産業に多大な貢献を果たし続ける有名な先生。
  • 伊福部先生・・東京大学先端科学技術研究センター教授。B.U.G.設立当初の営業担当?
  • 山本先生・・北海道大学大型計算機センター教授。得意料理はトムヤムクン。
  • 似鳥・・創立メンバー4人の先輩にあたる。現B.U.G.常務取締役。設立当初から現在に至るまでB.U.G.の技術的なご意見番をつとめる。似鳥が知らないことは誰も知らない、と言われるほどの人物。
  • 阿部・・創立メンバー4人の先輩にあたる。現B.U.G.取締役、最高技術会議議長。日本人ばなれした独特の風貌で逸話は数知れず。
  • 服部・・B.U.G.創立メンバーの4人。現B.U.G.代表取締役。B.U.G.創立に奔走した中心的人物。
  • 若生・・B.U.G.創立メンバーの4人。現フィクス代表取締役社長。ブルース・リーのモノマネが得意?
  • 村田・・B.U.G.創立メンバーの4人。現ソフトフロント代表取締役社長。江別の神童といわれた逸材。
  • 木村・・B.U.G.創立メンバーの4人。現メディアグラム代表取締役。顔はこわいが、本当はやさしい。
本文へ戻る


幻の社員番号5番、Macの伝道師、宇宙からの使者「加畑さん」

助手からの紹介で、とりあえず、服部と似鳥とで研究室で面接を行うことにした。そこに現われたのが、LEDが怪しげに点滅しているアタッシュケースを持った加畑さんだった。加畑さんは、そのアタッシュケースから、履歴書ではなく、超能力で曲げたというスプーンや木の箸、同じく超能力で模様が変わったタロットカード、超能力で像を念写した鏡などを次々と出し、自分は超能力を使えるわけではないが、その解明のために研究していると、延々と超能力について語って帰っていった。服部と似鳥は少し呆気に取られたが、ハードの組み立てや回路設計もできるとのことだったので、採用することとなった。
採用後、加畑さんは、毎昼食、ホンコン焼そば2袋で、自分の収入はすべて研究につぎ込んでいたようである。

IBVAによる原の脳波(1987.11.22)

1984年、自らの研究を進めるべくB.U.G.を退社し、アスキーハイテックラボへ転職した。そして、1989年、その研究成果を商品化して、遥か米国ニューヨークへと乗り込んだ。IBVAという人の脳波をリアルタイム解析、表示する装置である。人の頭に装着したヘッドバンドからその人の出すα波、β波、θ波などの脳波をワイヤレスでコンピュータへ送信し、コンピュータ側でその周波数をリアルタイム解析し、モニタに分かりやすく表示するという装置だ。超脳力には、人がリラックスした状態に出るα波が必要で、そのα波を自在に出せるよう育成するために開発されたバイオフィードバック装置でもあったのだろう。

実は加畑さんは、創立メンバー4人に次ぐ入社で、社員番号が5番となる予定だったが、社員番号を導入し始めたのが、1984年からであったため、幻の5番となってしまった。

アスキーハイテックラボ時代には、白根が加畑さんのもとで働いており、その白根が今度はB.U.G.に入社することとなったのだが、加畑さんのおかげでMacの世界に触れることができた白根は、B.U.G.でもMacの開発に貢献する。Macの伝道師と言われる由縁の1つでもある。
現在もニューヨーク在住であるが、たまにMACWORLD Expo/Tokyoなどで来日しているらしい。

本文へ戻る

スーパマックテクノロジー合併

B.U.G.とスーパーマックテクノロジー社は、製品の共同開発、互いの製品の販売などで提携していた。1994年5月、吉田と林は、B.U.G.製のMacintosh用デジタルビデオアクセラレータカード「DeskStudio」のデバッグのためにシリコンバレーにある同社へ出張していた。コードを書いていたのはほとんど安田1人であったのだが、入院中であったのと、またWWDCに行く目的もあってこの2人が出張となった。同社に着くと、DeskStudioが動くまでは日本に帰さないといった様子で、しかも、林は、安田が入院中であることを現地についてから知り、唖然とした。1週間の滞在予定が2週間になりそうであった。ちょうどその1週間目あたり、朝、通常通りに出社するとどうも社内の様子が変であった。聞いてみると、同社がライバル会社であるラディウス社に吸収合併されたというのであった。社内は騒然となり、なぜかカフェテリア形式の食堂はその日はタダになったという。吉田はすぐに特派員と化し、札幌にメールを打ち始めた。しかし、DeskStudioのデバッグと同社の買収はあまり関係がなく、そのままやはり1週間滞在してデバッグを続け、ようやく日本に戻ると、安田もちょうど退院していた。

本文へ戻る

インターネットより先に感動したこと

B.U.G.とネットワークの関わりは結構古い。1984年、初めて東工大と慶應大がモデムでつながり、JUNET(Japan University Network)がスタートして、日本の大学間でネットワークが広がり続けていた頃、1986年に東京の大日本印刷画像研究所と札幌のB.U.G.もモデムでつながった。これまではファイルをフロッピーディスクにコピーしてから東京まで宅配に出していたため、バグが出るとその度にフロッピーに入れて送り直さなければならず、時間も手間もかかり大変であった。その手間と時間をどうにかしたいと思っていたところ、ついに、電話回線を使って札幌と東京という遠隔地間でのファイル転送ができるようになったのである。
モデム接続の当日、札幌には似鳥がスタンバイし、東京の大日本印刷側から「では、まずメッセージを送ってみてください」と言われた。数人がモニタをのぞきこむようにして感動の第一声を待っていた大日本印刷の研究所に、似鳥から送られてきた最初のメッセージは、

「 t 」「 a 」「 m 」「 a 」「 k 」「 i 」「 n 」

の7文字であった。大日本印刷では全員ひっくりかえるほど大喜びしたという。似鳥は相手がそんなに大勢で待っているとは思ってもみなかった。
この札幌 - 東京間のファイル転送がネットワーク接続最初の感動であり、次にインターネットの普及とともに登場したブラウザに感動したのであった。

本文へ戻る

94年のMACWORLD Expo/Tokyo

業務提携の翌年1994年のMACWORLD Expo/Tokyoにはスーパマックテクノロジーと共同出展した。スーパーマックテクノロジーにはヘア氏という日本通のコーディネータがおり、B.U.G.に接触してきたのも彼であった。ヘア氏は、コンサルティング会社出身でCG、マルチメディアの権威でもあり、完璧主義で、「1つ提案があります」が彼のくちぐせであった。通訳はいつもヘア氏が行なってくれたのだが、ヘア氏が同時通訳すると、元の英語の10倍かと感じられるほどの日本語になっているのもなかなかすごいものであった。
そのMACExpo開催前日、ブース内でDeskStudioのデモの準備などをしていると、もう帰ろうかという夜中の1時ごろ、ヘア氏がやってきて「僕にも全部見せてください」と言われた。全部見たところで、案の定ヘア氏は全部に修正を依頼してきた。MACExpoではアップルのブース準備が一番遅いというのが通例であったが、このときばかりは朝までかかってB.U.G.がアップルよりも会場を後に出たのであった。

本文へ戻る

祝アルバイト北海道リニューアル1号

面倒な手作業をデジタルデータ化し、版下制作、進行管理、ページ面付け、イメージセッターへの出力までをサポートした画期的なデータベース出版システムGazetteであったが、このGazetteを使ってのアルバイト北海道リニューアル1号の発行当日は、実は涙ぐましい人海戦術が行なわれていたのであった。そのころ、MacのDTP業界ではPostScriptが標準になりつつあったが、まだ日本語のハンドリングに問題があった。イメージセッターは欧米のメーカーが主流で、イメージセッターからフィルムを出力するまでに、A2サイズで1時間近くかかっていたのである。様々なチューニングをほどこし、イメージセッターのハードディスクまで自前で交換するなど試みたが、やはり処理に時間がかかりすぎる。アルバイト情報社内にあるイメージセッターからのフィルム出しだけでは、印刷所へフィルムを入れるのが間に合わないため、札幌市内の2ヵ所の出力センターをもちろんオペレータも含めて深夜の2時から早朝まで借りきり、徹夜で、アルバイト情報社からデータをMOで出力センターへ持ち込み、フィルムを出してまたそれを印刷所へ持ち込む、という人海戦術がとられたのである。開発を取り仕切っていた佐藤は、この徹夜の作業で何とか間に合わせると、そのままサウナへと消えていった。

本文へ戻る

中身がないROUTE ONE/Ether

ROUTE ONEもROUTE ONE/Etherも、SE30というMacintoshの名機を上に乗せられるように匡体の低面積を同じにしていた。しかし、実際の中の基板は小さく、匡体を開けて見るとほとんど中身がない状態。当初、ROUTE ONEは45万円ほど、ROUTE ONE/Etherは、90万円ほどの値段をつけていた。部品代は、実はそれぞれ、5万円、9万円といったところである。販売先であるキヤノン販売に製品を見せに行ったところ、この商品は、20万円にしても50万円にしても、売れる数量は一緒だからというわけだ。

本文へ戻る

Linkway64/PB

Linkwayと命名して発表したのだが、実は商標が取られているということが発覚。急いで製品名を変更し、Linkboy とした。Linkway64/PBは、Macintosh初のノートパソコンPower Book 100シリーズに内蔵できる形をしている。実はこのLinkway64/PBは、Power Book 100シリーズの後継機種Power Book 500シリーズにバンドルする話を進めていたのだが、Power Book 500の仕様が変更となっていることが判明し、バンドルできなくなったので、そのまま販売することにしたのである。ちなみに、同時期に開発していたMacintosh用のPIMソフトPerMan Noteもバンドルしたいと思っていたのだが、それも立ち消えとなってしまった。インターネットが登場する前だったので、Niftyのオンラインでこれも直販することにした。

本文へ戻る

手のひらサイズのLinkboy Pocket

手のひらサイズの
Linkboy Pocket

当時のTAと言えば、A4サイズの大きなものであった。Linkboy Pocketはその小ささも売りであった。手のひらサイズであることをPRするために、社内で一番大きな手の女性を選んで広告撮影をしたのであった。
また、Macintoshのデベロッパー向けセミナーであるWWDCに行ったついでに、米スープラ社(現ダイヤモンドマルチメディア社。当時は、モデムと言えばスープラだった。)にLinkboy Pocketを見せたところ、「おークール!」と言われたのも結構自慢である。

本文へ戻る

MN128はリクルーティングにも役立った

MN128やMN128-SOHOの学生ユーザが、それでB.U.G.を知り、何人も入社することとなった。
「今は昔(嗚呼...)。MN128が一世を風靡していたとき、開発元に「BUG」の名前を見つけたのがきっかけ。 使いはじめた"Mosaic"でBUGのHPを見てみると、所在地がなんと札幌。北海道に戻りたいと思っていたから、ピンときたよ。好きな分野の仕事(ファームウェア)ができそうだったのも大きい魅力だったな。」新卒採用ページにて1997年入社小松平のコメント。

本文へ戻る

開発コードネーム「ワルツ」

MN128-SOHOの開発コードネームは「ワルツ」だった。

  • アナログ、TA、ルータで機能が3つ
  • アナログ、シリアル、Ethernetでインターフェースが3つ
  • Ethernetのハブの口が3つ

と、機能やコネクタの数が3つだったので3拍子にちなんで「ワルツ」とつけた。その他、「調和して」とか「物事が上手く進む」とかという意味もあり、チームを含めていろいろごった煮のようなプロジェクトだったので、そんな願いも込めてそう名付けた。とにかく、ワルツのおかげで「目のまわるような」忙しさに..... 。

本文へ戻る

ノリくん誕生  (プロジェクトZ風)

植田は、「知財犬」のアイコンを犬で作った経緯から、その犬のキャラクターを波に乗せようと考えた。
よし。塩野に頼んでみるか。
植田は、手を広げてサーファーのマネをしながら、こう言った。
「塩野さん、すまないが、アイコンとアバウトログの画面を書いてくれないか。」
塩野は答えた。「分かりました。」
しかし、塩野はすぐに忘れてしまった。
植田は言った。「塩野さん、できたかい?」
塩野は答えた。「え?なんだっけ?」
塩野は、冗談かと思って忘れていたのだった。何となく、みなが片手間にソフトを作っていることを知ってはいたが、まさかそれに使うとは思っていなかった。塩野はあわてて作った。
できあがりは非常によかった。名称は、「波乗り犬、ノリくん」とした。
知財犬の犬は、ゴールデンレトリバーだったが、ノリくんは雑種だ。
そのキャラクターは非常に印象的で、ユーザに「あの犬のアイコンのソフト」とよく言われ、長年親しまれるようになった。

塩野はその後、メール広告でも実力を発揮した。

ノリくん(雑種)
知財犬(ゴールデンレトリバー)
----◇編集部賞--------------------------------------------------------------
       今日の波はいかがでしたか?オートパイロットの決定版「波乗野郎」
     ⌒ ⌒    一家に一匹「波乗野郎」     
(   ◎  ◎   ) 特技:サーフィン       
  (   ▲   )    注意:餌を与えないで下さい。番犬にはなりません。
  ⊆====⊇   「波乗野郎」の住処はここ http://www.bug.co.jp/nami-nori/
-----------------------------------------------------5行広告コンテスト◇----

Internet Watch 97/03/12に掲載 編集部賞受賞

波乗野郎プロジェクトは、BUG社内報賞制度でも、「波に乗ったで賞」をもらった。

※「知財犬」は特許庁および各社が発行しているCD-ROM公報を検索するBUGが開発したソフトウェアです。

本文へ戻る

 

僕のPowerBook

植田は、実際の回線でのデバッグのためにタワー型のPowerMacを小脇に抱えて、

「僕のPowerBook」

といって家に持ち帰っていた。  
僕のPowerBook

本文へ戻る

 

波乗野郎に関わる小咄

  1. 「Surfer」も捨てがたくて、「PerMan Surfer」が頭に付いている。「PerMan」は「PerMan Note」から、また、PerMan は Personal Manager から取っている。


  2. テクニカルサポートで受けた電話で、年配の方(50歳以上の方の模様)から、

    製品の名前にXX野郎とつけるとはどういう常識なのか。企業としての常識を疑う。

    と丁寧に意見された。


  3. 「ラーメン野郎」にて試食
    札幌市厚別区厚別中央1条2丁目13 南郷通り沿い、地下鉄ひばりが丘駅徒歩2分
    営業時間11:00-22:00(日・祝〜20:00)第1月休
    五目みそラーメン ご主人と奥さん
    にんにくが効いていて美味しい★★★
    ご主人と奥さん

  4. 植田はこんな人。1996年Mac Expoの会場にて。
植田氏

旧友Amelio氏(Apple前社長)とにこやかに談笑する植田省司氏(現メトロワークス社社長)。
でもなぜが遠近感が....

実は通りかかっただけ?

本文へ戻る

Update.2002.08.28
Copyright 1996-2017 DMG MORI B.U.G. CO., LTD. All rights reserved.