世界を動かす仕事。VOL.01 ソフトウェア編

頭脳をつくる。あらゆる製造業の礎であり、進化を続けている工作機械。
BUGのエンジニアは、いわばその頭脳にあたる、
オペレーティングシステムやソフトウェアなどの開発に携わっている。
それらを搭載したDMG森精機の工作機械は、世界シェアNo.1。
今、世界の製造業を動かしているのは、
ITという言葉すらない時代から磨き続けてきた、高い技術力だ。 頭脳をつくる。あらゆる製造業の礎であり、進化を続けている工作機械。
BUGのエンジニアは、いわばその頭脳にあたる、
オペレーティングシステムやソフトウェアなどの開発に携わっている。
それらを搭載したDMG森精機の工作機械は、世界シェアNo.1。
今、世界の製造業を動かしているのは、
ITという言葉すらない時代から磨き続けてきた、高い技術力だ。

自動車、航空機から、日用品まで。すべての製造業の礎となる、マザーマシン。 自動車、航空機から、日用品まで。すべての製造業の礎となる、マザーマシン。

切削、研削などの加工を行い、金属その他の材料を有用な形にするための機械を、工作機械と呼ぶ。たとえば、自動車の部品。素材を直接加工して仕上げる部品もあれば、工作機械で削り出した金型を用いて素材を成形するものもある。いずれの場合も工作機械による加工が必要不可欠で、このような構造は自動車がどれだけ進化しても変わらない。工作機械は、生活のあらゆる場面に密接に関係している。「マザーマシン」とも呼ばれるように、すべての製造業の礎となっているのだ。自動車や航空機、通信機器、建設機械、エネルギー関連の設備、医療機器などの品質には、工作機械の性能が大きく影響する。その加工精度はμm(マイクロメートル)以下という精密さだ。そして、工作機械の価値は近年、加工精度の追求から、次のフェーズへとシフトしつつある。IoTなど最先端の技術を活用した、製造環境の最適化・効率化だ。

工作機械

切削型工作機械の世界シェアNo.1を誇る、リーディングカンパニー。 切削型工作機械の世界シェアNo.1を誇る、リーディングカンパニー。

1948年創業のDMG森精機は、競合他社との差別化戦略を徹底し、高い評価を確立してきた世界屈指の工作機械メーカーだ。2009年には、同じく工作機械ビジネスにおいて150年の歴史を持つドイツ・ギルデマイスター社と業務・資本提携を締結。切削型工作機械の世界シェアNo.1を誇るグローバルトップ企業となった。日本とドイツの技術を融合した高性能・高効率な工作機械は、新技術開発をリードする国や地域を中心に、あらゆる業界、多種多様な企業から信頼を得ている。私たちBUGは2008年、森精機製作所(現・DMG森精機)との業務・資本提携を開始した。創業以来培ってきた制御、通信、画像処理など幅広い領域にわたる技術やノウハウを生かし、工作機械分野における画期的なシステム、ソフトウェアなどを次々と開発。世界の製造業にイノベーションを起こす原動力となり、大きな期待に応えている。

地域別受注構成

よりスマートな生産環境へ。工作機械の価値を高める「頭脳」をつくる。 よりスマートな生産環境へ。工作機械の価値を高める「頭脳」をつくる。

DMG森精機のすべての工作機械に搭載されているCELOSは、NCをコントロールする操作盤を進化させた次世代インターフェイスだ。タッチパネル式を採用し、直感的な操作性を実現。あらゆる加工技術者が使用しやすいデザインを追求し、工作機械のHMIに新たな潮流を生んだ。また、工作機械と社内システムとのネットワーク構築により、生産計画や進捗状況などの管理・共有や、遠隔操作による稼働状況の確認もできる。そして、工作機械の性能向上を支えるのが、CELOSに付随する高性能スマートオペレーションシステムMAPPSだ。対話型自動プログラミング機能により、複雑な加工プログラムも簡単に作成可能。センシング技術により可視化されたデータをもとに、最適な加工条件も提示できるなど、多彩な機能を備えている。BUGのエンジニアが開発したCELOSとMAPPSは、DMG森精機の工作機械に決定的な付加価値を与えている。

生産プロセスをサポートするアプリケーション

ドイツの開発スタッフと連携し開発した、0.01秒の精度を誇るプログラム。 ドイツの開発スタッフと連携し開発した、0.01秒の精度を誇るプログラム。

加工負荷によって発生するびびりを抑制するMVC(マシンバイブレーションコントロール)。従来、びびりを抑制する加工条件の算出には熟練加工技術者の経験が必要であったが、独自開発した組込ソフトウェアが、振動周波数をもとに最適な主軸回転数を算出。複数の加工条件が自動で提示されるため、誰もが簡単かつ短時間でびびりを抑制できる。開発の方向性や仕様は、加工技術者にヒアリングを重ね、きめ細かく設計。何度もテストを繰り返し、3年もの年月をかけてリリースに漕ぎ着けた。ユーザー目線に立ち、びびり抑制の精度と、GUIの使いやすさを同時に追求。高い技術力と柔軟な発想力が求められる開発プロジェクトだった。

生産プロセスをサポートするアプリケーション

びびりを抑制する最適な加工条件を自動算出。加工技術者の経験と技術をひもとき、誰もが使える機能を開発した。

ドイツの開発スタッフと連携し開発した、0.01秒の精度を誇るプログラム。 ドイツの開発スタッフと連携し開発した、0.01秒の精度を誇るプログラム。

近年注目されている加工法、パワースカイビング。ワーク(工作物)と工具を一定の角度を保つように取り付けて同期回転させ、歯車を生成する革新的な技術だが、非常に複雑なプログラミングが必要となる。ギヤスカイビングは、そんなパワースカイビングの加工プログラムを、誰でも効率よく作成できる機能だ。加工するギヤの歯数角度などを対話形式で設定可能。特別なスキルが不要のため、生産性の大幅な向上に貢献できる。また、ソフトウェア自体も生産性重視の設計になっているのも特徴だ。今後の機能追加や仕様変更に対応できるようフレームワークを開発。BUGの技術とノウハウが、迅速かつ柔軟なアップデートを実現している。

生産プロセスをサポートするアプリケーション

複雑な加工プログラミングを簡単に作成可能。複数の機械・段取りを要していた加工も1台・1回で実現できる。

ドイツの開発スタッフと連携し開発した、0.01秒の精度を誇るプログラム。 ドイツの開発スタッフと連携し開発した、0.01秒の精度を誇るプログラム。

ソフトウェア上で、機械の3Dモデルを同期。NCプログラムを検証し、正確な加工シミュレーションでプログラムミスを事前に特定するのが「NC切削加工シミュレーション」だ。干渉を検出した場合には、実物が衝突する前に機械を停止させる先進的な機能であるが、開発にはある困難な課題があった。それは、3Dモデルのシミュレーションは大きな負荷がかかること。計算時間が長いと、干渉を検出しても衝突前に機械を停止することができない。そこで、負荷を最小限に抑えるさまざまなアイデアと蓄積されたノウハウを総動員し、同時5軸加工など複雑なNCプログラムを要する場合でも正確なパフォーマンスを実現することに成功した。

生産プロセスをサポートするアプリケーション

プログラムミスによる事故を防ぐ、3Dモデルのシミュレーター。性能に妥協することなく、負荷の軽減を追求した。

ドイツの開発スタッフと連携し開発した、0.01秒の精度を誇るプログラム。